Electigmaについて

火星はまだ生きている?過去5万年の間に起きた可能性のある噴火の痕跡が発見される

ケルベロス地溝帯で発見された最新の火山活動を示す亀裂。credit : NASA/JPL/MSSS/The Murray Lab

火星に存在する火山は地球よりも大規模なものが多い。

太陽系最大の火山「オリュンポス山」からもわかるように太古の火星では活発な火山活動が行われていたがその活動は約30億年前に停止し、現在は大半が死火山となっていると考えられています。

しかし、いまだに水面下で活動を続けているのではないかとする意見も根強く、地質学的な調査が行われてきましたがその証拠は見つかりませんでした。

ところがこのほど、他の痕跡よりも並外れて新しいと思われる痕跡が発見されました。

アリゾナ大学の月惑星科学研究所と惑星科学研究所が4月21日、学術誌『Icarus』で発表した論文の中で、エリシウム平原に存在する長さ20マイル(32.2km)の大きな亀裂と暗い堆積物を報告しました。

チームによると、この堆積物は5万年前に形成されたものであるとのこと

「これは、火星で記録されたなかで最も若い火山性堆積物である可能性があります。」と、主任研究著者であるデビッド・ホーバス氏は語っています

「火星の地質学的な歴史を1日に圧縮するとしたら、これは最後の1秒間に起こったことになります。」

研究報告 : Icarus | Evidence for geologically recent explosive volcanism in Elysium Planitia, Mars | David G. Horvath

reference ; sciencealert / new atlas / University of Arizona

スポンサードリンク

火星の火山活動の変化

地球にほど近い火星は有史以前から認知されており、(地球を除いて)最も熱心に探査が進められている惑星です。

『火星には知的生命体が生息している』といった題材が映画や小説で取り上げられ、人々の注目を集めたことも要因の一つでしょう。

数多くの探査機が送り出され調査が進められた結果、「かつては火山が活発に活動しており、液体の水も存在していた。生命も誕生していたかもしれない。」と考えられるようになりました。

しかし、現在の火星は極寒かつ極度に乾燥した不毛の惑星です。

これは地球型惑星がもつ熱の総量は、形成時のエネルギーや太陽からの熱に加えて内部の放射性元素によって大方決まるという性質があるためです。

火星の質量は地球の10分の1程度しかない上、金属核の比率も地球型惑星の中で最も低いことからもともと持っていた熱量も少なかったとされています。

このため火星の火山は活発な活動を維持できず、30億年前から40億年前に不活発になったと考えられています。

スポンサードリンク

そして現在……

研究グループによると、この火山活動は赤道付近に位置する平原、エリシウム平原のケルベルス地溝帯で起こりました。

この噴火によって形成された堆積物の特徴が月や水星で見られたものと似ていることから、火砕堆積物の噴出を伴う爆発的なものだったと見られています。

周辺の環境からチームはこの噴火が5万3,000年前に起きたものと計算しています。

この発見を興味深いものにしているのが、ケルベロス地溝帯の地震活動です

2018年にエリシウム平原に着陸した火星探査機インサイト(InSight)は、ケルベロス地溝帯が震源とされる地震を数多く観測し、中にはマグニチュード3を超えるものもありました。

地球でも地震をきっかけに火山が噴火することがあります。

つまり、これらの証拠は火星地下深くでは現在もマグマが活動を継続している可能性を示唆しているのです

また、ここからほど近い場所にズニル(Zunil)と呼ばれるほぼ同時期に衝突したと見られるクレーターがあり、この衝突が噴火を引き起こしたきっかけであるかもしれません。

スポンサードリンク

火星内部に生命はいるのか

このような不毛な土地における最新の火山活動の意味するところは、地質学的なものにとどまりません。

チームは、上昇してきたマグマが地下の氷を解かし部分的な熱水循環が生じることで微生物の生存に適した環境を整えていた可能性を考えています。

『火星の生命』といえば、一時は微生物すら存在しないと言われていたが、地下水の存在が明らかになったことで「生物は地下に避難している」とする見方が強まった経緯があります。

現在、火星特に地下に生命が生息している確かな証拠は見つかっていません。

ホーバス氏は、このマグマがごく最近まで微生物にとって好都合な環境を提供しており「この地域に生命が現存していた可能性を高めていたかもしれません。」と語っています。

火星は、人類を含む地球上の生命がどのように誕生したのかを知るための重要な惑星です。さらなる探査に期待しましょう。