Electigmaについて

原因はイオン化合物?廃棄された化学工場の周辺で青い毛並みの犬が発見される。

モスクワから約400キロ離れたロシアの都市ジェルジンスクの廃墟となった化学工場の近くで鮮やかな青い毛並みのイヌが発見されたと、ロシアメディア『RIAノーボスチ』が報じました。

イヌは、SNSなどで拡散され、Twitterにも投稿されています。

スポンサードリンク

青色は硫酸銅によるもの?

これは、ファンタスティック・フォーのような放射線によって誘発される変異のようにも見えますが、事態はより悲劇的なものかも知れません。

メディアによると、イヌが生息している地域には、プレキシガラスやシアン化水素を製造していた化学工場があり、2015年に会社が破産。イヌの特異な毛並みは、工場に残されていた硫酸銅にさらされた結果である可能性があるとのこと

また、この物質は有毒・有害であり、長時間暴露した結果、皮膚の炎症、痛みを伴うかゆみ、内出血を引き起こしている可能性も指摘されました

活動家グループの副社長であるケリーオメラは、

「放棄された化学工場の近くに住んでいるストリートドッグの状況は、彼らの毛皮の変色を通して、非常に明白な福祉の問題を示しています。」

と、Newsweekに語っています。

「被毛に染料が付いているということは、潜在的に有毒な物質や有害な物質に直接接触したり、摂取したりしたことを意味しています。その結果、痛みを伴う皮膚の火傷やかゆみ、内出血や病気を引き起こし、獣医師の介入がなければ死に至る可能性があります。」

最初の報告から1週間後、動物活動家の担当者は、施設の責任者とイヌを丸め込み、保護施設へと移送することに成功しました

幸いなことに、化学物質によるダメージは少なく、検査の結果、7匹のイヌはすべて健康でした。

さらに、そのうちの2匹は新しい飼い主が決まっているとのこと。

スポンサードリンク

過去にも同様の例が

奇妙な色をしたイヌの目撃情報は今回が初めてではありません。

2017年、インド・ムンバイでも明るい青色のイヌが発見されています。

原因は未処理の産業廃棄物と染料を川へ垂れ流したためであり、製造会社は工場を閉鎖しました。

有害な化学物質の不法投棄はたびたび問題視されており、人間のみならず、生態系そのものに悪影響を及ぼす危険性が指摘されています。

「ジェルジンスクの青い色の犬の健康を脅かすものは何もないと信じている。」と、動物の権利活動家は語っています。

reference : IFLscience / RIAノーボスチ