Electigmaについて

ほうれん草が爆発物を検出すると電子メールを送信・警告させる技術が登場

過去、人類は地雷を探知するためにイヌ、アフリカオニネズミ、バッタなどに訓練を施し、力を借りてきましたが、現在はほうれん草に注目が集まっています。

長らく、ほうれん草は栄養価の高いスーパーフードとして有名でしたが、MIT(マサチューセッツ工科大学)の研究により、葉にカーボンナノチューブを埋め込むことで、隠れた爆発物を検出しスマートフォンなどに警告メールを送信できる技術が誕生しました

研究報告:Nature materials/植物ナノバイオニクスを使用した野生型植物からの芳香族ニトロ化合物の検出と赤外線通信

スポンサードリンク

植物に電子システムを組み込む「植物ナノバイオニクス」

爆発物を検出できるほうれん草は、生きた植物にナノ構造の粒子を埋め込むことで機能を拡張させる「植物ナノバイオニクス」によってもたらされました。

研究者たちは、ほうれん草の葉の裏側にカーボンナノチューブを埋め込み、地雷などの爆発物によく使用される芳香族ニトロ化合物を検知できるようにしました。

植物が芳香族ニトロ化合物が溶け込んだ地下水を吸収すると、カーボンナノチューブは赤外線カメラで読み取ることができる信号を放出します。

この植物の付近に赤外線カメラを設置し、スマートフォンなどとリンクさせることで、研究者たちはほうれん草が爆発物を検知し、ユーザーに警告メールを送信するシステムを構築しました。

地下から汲み上げられたサンプルが葉に到達するまでには約10分かかり、動物の中にはそれよりも早く爆発物を検知できるものもいるかもしれません。

しかし、研究チームのリーダーであるマイケル・ストラーノ氏は、「植物は、周囲の環境から多くの情報をすでに取り込んでいるため、環境を監視するのに適している。」と語っています

「植物はとても優秀な化学分析者です。土壌中に広範な根のネットワークを持ち、常に地下水をサンプリングしており、その水を葉の中へとセルフパワーで輸送する方法を持っています。」

爆発物探知の過程で、吹き飛ばされたとしても痛みを感じず、処理も容易であることも良い点でしょう。

現在、研究チームは汚染物質の検出に加えて、干ばつなどの環境要因や害虫などの病気に技術を応用に取り組んでいます。

reference:MIT/IFLscience