鼻をふさぎ、口を覆いながらクシャミをした男性が入院

『鼻をつまんだままクシャミをすると脳が破裂する』という都市伝説を聞いたことがあるでしょうか。

ああ、実際に試すのはおすすめできません。この都市伝説は部分的に正しく、気道の気圧が高まることによって鼓膜や脳の動脈瘤が破裂する恐れがあります。

ではこれに加えて口も塞いだ場合、わたし達の体にどのようなことが起こるのでしょうか。

答えは入院です。BMJの苦痛なタイトル「Snap, crackle and pop: when sneezing leads to crackling in the neck(スナップ、クラックル、ポップ:くしゃみが首のパチパチにつながる事例)」にある通り、クシャミがうまく行かなかった男性は緊急外来を訪れることとなりました。

クシャミの知られざる危険性

ある日健康体であった34歳の男性は、理由は不明ですが、クシャミを抑えるために鼻をふさぎ口を覆うことにしました。

男性はクシャミをした時に首に「なにかが飛び出したような感覚」を経験したといいます。

不幸なことにその後、症状は悪化の一途をたどりました。首の痛みのためにしゃべることもできなくなり一時は物を飲み込むことも困難になるほどでした。

調査したところ、男性の首から下にかけてパチパチ音が鳴り響き、組織や筋肉の間に気泡が入っていることが判明しました。これは「ハマンの兆候」と呼ばれるサインで、空気が存在する組織が心臓の鼓動に合わせてガラガラ、パチパチと音を立てる現象です。

医師はすぐに異音に気づき、首の組織と胸部のスキャンを実行。その結果驚くべきことに、クシャミをした衝撃で喉の後ろ部分が破裂していたことが明らかになりました。

このような症状は鈍い首の外傷、多量の嘔吐、および重度の咳でも報告されていますが、クシャミによって引き起こされた事例はほとんどありませんでした。

幸いなことに男性は命に別状はありませんでした。病院ではチューブで栄養を与えられ、退院するまでの間抗生物質を投与されました。彼は退院する時に「今後はくしゃみをしながら両方の鼻孔を妨がない」よう勧められたとのこと。

「鼻孔と口の閉塞を介してくしゃみを停止することは危険な行為であり、回避する必要がある。」と、チームは報告書に記しています。

「肺中胸膜、鼓膜の穿孔、さらには脳動脈瘤の破裂などの多数の合併症につながる可能性がある。」

consultation:IFLscience/G1