Electigmaについて

中国最古の彫刻!?旧石器時代に作られた鳥の彫刻が発見される

2005年、中国・霊津で発掘作業を行っていた研究者は、そこで1958年の井戸掘り作業のために除去された土の山が無傷で保存されているのを発見しました。

その山をふるいにかけると採掘現場で取れたものと同じ黒曜石と、奇妙な置物のようなものを発見しました。

中国、フランス、日本、米国を含む世界中の4つの異なる研究機関はこの置物に興味を持ったのか、放射性炭素年代測定を行いました。

調査の結果、なんとこの置物は「彫刻」であり、13,000年以上前に作られた東アジア最古の3次元芸術であることが判明しました。次に古い彫刻が登場するのは8500年後のことです。

スポンサードリンク

どんな彫刻なのか

「止まっている鳥」を模した高さ12ミリメートル程の彫刻は短い頭部、首、胸、腹、そしてバランスを取るための大きな尾で構成されており、鳥のそれとほぼ完全に一致しています。

彫刻の側面の写真 credit : Zhanyang Li.et.al plos one

さらに分析の結果、中型の哺乳類の骨を加工して作られたものであることがわかり、その色の濃淡から骨の形を整えたり変形させるためにある種の制御された加熱プロセスが加えられたことが判明しました。

この彫刻はその体型から当時にも生息していたスズメ科の生物をモチーフにしたものと推測されています。

スポンサードリンク

世界史が変わる可能性?

人類がいつ頃から芸術に目覚めたのかはわかっていません。

世界で最も古い彫刻は2008年にドイツで発見されたホーレ・フェルスのヴィーナスと名付けられた、マンモスの牙で作られたヴィーナス像だと言われており、約3万5000年前のものと見られています。

以前の考えではこうした古代ヨーロッパの彫刻がアジアにも影響を与えていたのではないかとされてきましたが、今回見つかった彫刻は西ヨーロッパやシベリアで発見された他のものとは技術的にも様式的にも異なるものでした。

つまり、この彫刻は中国の彫像の起源を旧石器時代まで遡らせる可能性があるということです。

この鳥が東アジアにおける彫刻芸術の「オリジナル」であるのかどうかを確かめるにはさらなる研究が必要です。

参照:sciencealert / plos one