Electigmaについて

マイクロソフト社、AI置き換えのために数十人を解雇

マイクロソフトは、「ポータルサイトMSN」や「ブラウザマイクロソフトエッジ」などのニュースサイトの編集を担当する職員77名を解雇し、その代替をして人工知能ソフトウェア(AI)を活用すると発表しました。

The Vergeによると、解雇(レイオフ)された職員は米国で50人、The Guadianによると英国、ロンドンオフィスでさらに27人の編集者が解雇される見通しです。彼らの仕事は1ヶ月以内になくなるとのこと。

メディアに関わる人材のレイオフは悲劇的に捉えられています。世界中のメディアは新聞、テレビ、オンラインなどの広告収入などが落ち込んでいることで窮地に立たされていますが、マイクロソフト社は「それが直接的な要因ではない」としています。

「私はすべての時間を自動化とAIがどのように私達の仕事を奪うかという資料の編集に費やしてきました。その結果として私は解雇されました。」と、チームの1人はThe Guadianに語りました。

また、「人間をソフトウェアに置き換えるという決定は危険だ。」と付け加えました。既存の人間のスタッフは「非常に厳しいガイドライン」に基づき、暴力的なコンテンツや性的なコンテンツを表示させないように最新の注意を払っていました。AIにはそれが出来ない可能性があります。

この出来事は、近い将来AIが人間の仕事を奪うという懸念が現実のものになりうるということを示しています。

「すべての企業と同様に、私たちは定期的にビジネスを評価しています。これにより、一部の場所への投資が増加し、場合によっては他の場所に再配置される可能性があります。これらの決定は、現在のパンデミックの結果ではありません。」と、マイクロソフト社の広報担当者は述べています。

参照:futurism / The Verge