Electigmaについて

一度にコーヒー56杯分のカフェインを摂取した女性の事例が報告される

カフェインは世界で最も使用されている神経活性剤であり、コーヒー、紅茶、ソフトドリンク、エナジードリンクのような製品ではとてもポピュラーな物質です。しかし、過剰に摂取した場合、人間の体に様々な悪影響を及ぼすことをこの事例は示唆しています。

英国のケーススタディは26歳の女性がティースプーン2杯分の粉末カフェイン(20グラム)を摂取した3時間後に体調不良を訴え、ロンドンのクイーンエリザベス病院へ搬送されたことを報告しています。20グラムのカフェインはコーヒー56杯分に相当します。

欧州食品安全機関(EFSA)は健康を維持するために望ましいカフェイン摂取量として、一度にカフェイン200mg未満を推奨しており、それ以上の摂取は動悸、悪寒、吐き気、嘔吐、心停止の危険性があるとしています。

病院に緊急搬送された時点で彼女は動悸、発汗、不安感、呼吸困難の症状を示し、診断の結果、彼女は多形性心室頻拍と呼ばれる異常な心拍数、低カリウム血症、代謝性アシドーシス(体内に酸が蓄積する深刻な電解質障害)に苦しんでいることが判明しました。

医療チームは、症状を改善するために水分と電解質の補充治療を行ったが、効果が見られなかったため、集中治療室に移され、鎮静、血液透析、人工呼吸器を使用しました。

また、腎臓の毒素を排出するための活性炭、整脈をコントロールするための硫酸マグネシウム、カフェインの血圧への影響に対抗するために、ノルアドレナリンと呼ばれるホルモンも投与されました。

幸いなことにこれらの組み合わせが功を奏し、1週間後に集中治療室から抜け出せるまでに症状が緩和し、精神科チームのもとで良好な回復を遂げました。

「この患者の治療中にカフェイン濃度を連続測定したところ、摂取から7時間後の最高濃度は147.1mg/Lでした。」と、研究者は論文に書いています。「カフェインの既知の致死量は80mg/Lです。」

彼女は命を救ってくれたチームに感謝を伝えるためにICUを訪れました。

参照:iflscience / sciencealert