Electigmaについて

たった1人の感染者から聖歌隊の87%に新型コロナウイルスが感染したケースが報告される。

米国疾病対策予防管理センター(CDC)の新しいレポートによると、米国では、教会の聖歌隊の練習に参加した後、一人の人間が52人の他の人にCOVID-19を感染させ、そのうちの2人が死亡しました。

credit : CDC

感染は2020年3月10日の夜、ワシントン州スカジット郡の教会で聖歌隊の練習のために大人数のグループが集まったときに始まりました。シアトル地域ではすでにウイルスによる死者が出ていたため、CDCの報告に先駆けて3月に発生を報告したロサンゼルス・タイムズ紙によると、その週の練習に集まることには消極的な雰囲気があったと書かれています。

にもかかわらず、122人の聖歌隊のメンバーの内61人が現れ、練習は問題なく行われました。Covid-19 の懸念が高まっているため、メンバーはお互いに抱擁と握手で挨拶をせず、消毒剤は建物に入ると人々 に提供されました。

聖歌隊メンバー61人は2時間半の練習の間、大きな多目的室で一緒に歌いました。練習の間、メンバー同士が互いに近くに座ったり、おやつを共有したり、練習の最後に椅子を積み重ねたりするなど、飛沫と家族の伝染にいくつかの機会がありました。

その結果、3月11日から15日の間に多くの聖歌隊メンバーが咳と発熱を経験し始め、最終的には、最初の感染者を除いた60人の出席者のうち52人(86.7%)がCOVID-19に感染しました。

感染した53人のうち3人が入院し、そのうち2人が死亡しました。

明確な感染経路は明らかになっていません。表面から表面への感染の機会は複数あったが、レポートによると、ウイルスは、歌を歌ったり、大声で発声したりすることで、周囲の空気中に霧状のウイルス飛沫を放出されたことによりエアロゾル化して感染した可能性が高いと推測しています。

この事例は、Covid-19が1人の「スーパー・スプレッダー」によって、いかに執拗に集団全体に拡散していくかを示しています。

しかし、いいニュースもあります。この集会後数日以内に参加者に隔離ガイドラインが配布されました。レポートでは、これらの措置がどのようにしてさらなる感染拡大を防ぐことができたのかを詳細に報告していませんが、地元の保健当局は、聖歌隊のメンバーの迅速な行動が感染から多くの人々を救ったと考えています。

「他の人との直接の接触を避け、グループに集まらず、混雑した場所を避け、少なくとも6フィートの物理的な距離を保ち、感染を減らし、他の社会的距離の測定が行われている公共の場では布製のカバーを着用することをお勧めします。」と、著者は報告書に記述しています。

参照:iflscience / CDC / ロサンゼルス・タイムズ紙