Electigmaについて

あらゆる味を再現し、共有することができるデバイスが開発される

研究者らは、理論上すべての味を再現し、それを遠く離れた相手に共有することができる「テイスト・ディスプレイ」を開発しました。

一般的に、人間の味覚は舌の表面にある「味蕾」と呼ばれる部分に食物が接触し、化学物質が受容体と結合することで味を認識しています。味覚を再現する研究はすでにいくつか存在していますが「うま味」などの再現難易度の高い感覚は再現しきれませんでした。

そこで明治大学の宮下研究室は、基本五味(甘味、酸味、塩味、苦味、うま味)を感じることのできる電解質を溶かして固めた5つのゲルをデバイスに組み込みました。

credit: 明治大学、宮下研究所、「norimaki synthesizer: Taste Display Using lon Electrophoresis in Five Gels」

デバイスを舌先に触れさせ、電流を流すことでゲル内部にあるイオンを泳動して任意の味を作り出すことができ、これらの量を調節することができれば理論上すべての味を再現することができます。

同研究所は、電気を使用して味覚を制御する「電気味覚」の研究を推進しており、噛むことで発電し、その電力で味を再現する無限電気味覚ガムや電気味覚の手法を用いて甘味を制御することのできる研究などを行っており、この研究は食事の味を変えることではなく、遠隔地にも味を伝え再現することを目的としています。

参照:エピネシス / 明治大学 / asm