SpeceXの創設者が子供につけた『X Æ A-12』という名前は違法かもしれない。

SpeceXの創設者であるイーロン・マスクとミュージシャンのグライムスがtwitterで子供の名前を発表した時、多くの人が冗談だと思ったことでしょう。

credit:pixabay

イーロン・マスクは月曜日に3360万人のフォロワーに対して第一子の誕生を報告するとともに、彼らが新生児の名前を聞かれると「X Æ A-12 Musk」と名付けたと答えました。

さらに、赤ちゃんの写真を求められた彼らは、子供が入れ墨を入れたような加工写真を投稿しました。

入れ墨写真のこともあり、彼らが返答した新生児の奇妙な名前について多くの人が冗談だと考えました。また、この名前は暗号であり、この謎を解くことで本当の名前にたどりつけると考えた人も現れました。

しかし、彼らの努力は無駄なものであったということが後日判明しました。彼らは冗談ではなく本当に新生児に「X Æ A-12 Musk」と名付ける予定のようで、グライムスさんがTwitterで、名前の意味を説明しました。

「X、未知の変数 Æ、愛のエルフのスペル(愛および/または人工知能)•A-12 = SR-17(お気に入りの航空機)の前身。武器も防御もなく、スピードだけ。戦闘は素晴らしいが、非暴力的 +(A =大天使、私のお気に入りの曲)(交差した剣マウス 金属ラット)」と説明しました。(解釈は想像におまかせします。)

しかし、専門家はそれがカップルが居住するカリフォルニアの法律に実際に反する可能性があると語っています。

「XÆA-12は法的資格を通過する可能性は低い。」と、赤ちゃんの名前に関する本の著者であるローラワッテンベルクはスレートに語りました。

「テイストの問題はさておき、XÆA-12は非常に実用的でない名前です。」

「綴りや覚え方が難しいだけでなく、事実上発音しにくいものです。それも簡単ではありません型付け可能と何のフォームまたはデータベースはそれを受け入れません。単に機能しないだけです。」

ちなみにこの名前をどう発音するのが正解なのかは不明のままです。

参照:iflscioence / futurism / slate