Electigmaについて

古生物学者が『地球の歴史上で最も危険な場所』を発見。陸、海、空に肉食獣が大量に集結していた!?

モロッコ南東部、アルジェリアとモロッコの国境にはケムケムグループ(Kem Kem Group)に白亜紀後期の岩層が存在しています。

この地層は古くから古生物学者に認知されており、過去100年間にわたって大量の化石が発掘されてきました。

そして今回、国際的な研究チームが過去100年間で出土した化石の最大規模のレビューを作成しました。

その結果、この地域には現代とは比較にならないほど巨大な大型肉食獣が大量に集結していた「地球上で最も危険な場所」であることが判明しました。

「これは間違いなく、地球の歴史の中で最も危険な場所であり、人間の時間旅行者がそれほど長くは続かない場所です」と、デトロイトマーシー大学の古生物学者であるニザール・イブラヒムは語りました。

約1億年前、この地域には広大な河川系があり、水生生物や陸生生物など様々な種が生息していました。ケムケムグループから発掘された化石にはこれまでに知られている最大級の陸生肉食獣が3種類含まれています。(スピノサウルス、カルカロドンサウルス、デルタドロメウス)

スピノサウルスの画像2
credit:恐竜図鑑 / https://www.kyouryu.info/img/dinosaur/spinosaurus_2_l.jpg

こうした大當の捕食者たちは広大な河川が提供する豊富な魚類に依存していました。しかし、川の魚もただ食べられるだけではありません。

その河川に生息していたのはオンコプリスチスと呼ばれる巨大な淡水ノコギリザメでした。最大全長8mにもなるこの凶悪な生物は有刺短剣のような歯を持っています。

Onchopristis | Prehistoric Life Wiki | Fandom
credit:Onchopristis | Prehistoric Life Wiki | Fandom

「この場所は、巨大なシーラカンスや肺魚を含む、絶対に巨大な魚でいっぱいでした」と、ポーツマス大学の共著者であるデービッドマーティル教授は語りました。

「これは、有名な古生物学者のエルンストフライヘルストロマーフォンライヘンバッハが1936年に最後の主要な研究を発表して以来、ほぼ1世紀でサハラ砂漠の脊椎動物化石に関する最も包括的な作品です。 」

この研究はZooKeysに掲載されました。

参照:scitechdaily / port.ac.uk / sciencealert