Electigmaについて

NASAもテレワーク、火星のローバーを自宅から動かす。

現在、世界中でオフィスワークからテレワークに移行する動きが強まっていますが世界一の宇宙機関であるNASAも例外ではありません。

credit:NASA / JPL-Caltech

NASAは先月、全職員をウイルスから保護し、感染を遅らせるために在宅勤務を指示しました。

ですが、現在進行系で進んでいるプロジェクトはどうすればいいのでしょうか。例えば、今まさに稼働中であり、地球から遠く離れた火星のローバーはどうするのでしょうか?

高度な機材が必要なこのミッションをテレワークで対処するのは不可能だと思えました。

しかし、NASAは14日、公式サイトにて火星探査機キュリオシティが岩石のサンプルを採取することに成功したと発表しました。ウェブサイトはこのミッションがどのようにして行われたのかの詳細を記しています。

探査チームは通常、南カリフォルニアにあるNASAのジェット推進研究所を拠点として活動しています。探査機の運用には最大20人が関わっており同じ画面、情報を共有しています。

しかし、現在は各メンバーは自宅で作業をしており、綿密に計画を立てながら情報を共有していかなければなりません。

「通常、全員が1つの部屋にいて、画面、画像、データを共有しています」と、チームのリーダであるアリシア・オールボーは語りました。「人々は小さなグループで、部屋の向こうからお互いに話し合っています。」

綿密な計画を建てるべくチャットアプリを15個同時に開き、テレワークに移行してから計画を話し合う時間が平均しても1〜2時間かかっているとオールボーは語りましたが、涙ぐましい努力の結果、本部にいたときと同等の成果を挙げることができました。

さらにほとんどの機材は自宅で設定することが可能ですが、一部の機材は本部から持ち出すことができず、残されたままとなりました。

中でも計画を調節するのに必要な高性能ゴーグルを本部から持ち出せませんでした。これは、探査機周辺の風景やロボットアームをどれだけ伸ばすことができるかを理解できないことを示しています。

チームは高性能ゴーグルの代用品として単純な赤青3Dメガネに切り替えました。「ゴーグルほどの没入感や快適さはありませんが、ドライブや腕の動きを計画するのと同じように機能します」とNASAは述べています。

チームがリモートワークになれるにはしばらく時間がかかりましたが、メンバーは全員が協力してミッションを実行できると知っていたと言いました。

「それは古典的な教科書NASAです」と彼女は言いました。「私たちは問題を提示され、物事をうまく行う方法を見つけ出します。火星は私たちのために静止していません。私たちはまだ探究しています。」

参照:digital trends/NASA