Electigmaについて

サプライズで戦闘機をプレゼントされた会社経営者さん、上空760mでパニックに陥り誤って緊急脱出装置を作動。無事射出。

フランスで従業員からサプライズプレゼントとして戦闘機に搭乗することになった64歳の会社経営者の男性が上空で誤って緊急脱出装置を作動させてしまう事件が発生した。彼は上空2500フィート(762メートル)でコックピットから射出されたという。

従業員らは日頃の感謝を伝えるべく、フランス北東部の飛行場で戦闘機の遊覧飛行を計画、実行に移した。男性は当日になって自身が戦闘機に搭乗することを知らされたという。

後の聞き取りによると男性は戦闘機に乗ってみたいと誰かに語ったわけでもなければ、戦闘機に搭乗した経験もないという。

それでも男性は従業員の気持ちを汲み取ってか搭乗を決意した。しかし男性は搭乗直前に緊張状態に陥っており、身につけていた腕時計の記録装置によると、脈拍は1分間に136~142回と「頻脈(ひんみゃく)」の状態にあったという。

男性はフランス軍が使用する戦闘機「ラファールB」の搭乗訓練の一環として参加した。この機体は複座型で最高速度はマッハ1.8、実用最高高度16,765メートルのガチガチの戦闘機です。

事件は飛行してまもなく起こりました。戦闘機のパイロットが上空762メートルから更に上昇しようと試みたところ、男性はパニックに陥り、緊急脱出装置に手をかけ、コックピットから射出されてしまいました。

調査当局の報告書に掲載された画像/Bureau of Enquiry and Analysis for Civil Aviation Safety
credit:Bureau of Enquiry and Analysis for Civil Aviation Safety

男性は作動したパラシュートにぶら下がりながらドイツ国境近くに落下しました。男性に怪我はありませんでしたが念の為病院に運ばれました。

男性が登場していた戦闘機のパイロットは顔に軽いキズを負いながらもなんとか機体を安定させ、空港に着陸しました。

事故を調査した担当官らは、よきせぬ戦闘機の搭乗による緊張と突然の戦闘機の上昇にパニックに陥った結果の反射的な行動だと見られるとしている。

参照:CNN