MITが夢をハッキングできるデバイスを開発

私達は人生の3分の1を睡眠に費やしていると言われ、理由は不明ですが夢を見ています。毎晩訪れるその時間をコントロールしたいと思ったことがある人もいるでしょう。MITの技術者はそれを可能にするかもしれません。

credit:Oscar Rosello/MIT media lab

「夢を見るのは、本当に夜に考えているだけです」と、MITメディアラボの流体インターフェースグループの博士課程の学生であり、ドリームラボの研究者であるアダム・ホロウィッツはOneZeroに語りました。

「中に入ってみると、朝の出方が違う。 しかし、私たちは情報のその変換の経験やそれを導く考えについて質問していません。」

2017年に立ち上げられた部門である「ドリームラボ」は、夢を様々な方法で捜査、探索するデバイスを開発しています。彼らは「夢は単なるランダムなマインドスラッシュではなく、より深いレベルの認知へのアクセスポイントである」という考えに基づき、私達の利益のために夢をハッキングし、増幅、揺らすことができることを証明することを目的にしています。

「人々は、自分の人生の3分の1が自分自身を変えたり、構成したり、より良くしたりできる3分の1であることを知りません」と、ホロウィッツは語りました。

「記憶の増強、創造性の増強、翌日の気分の向上、テストのパフォーマンスの向上など、どんなことでも夜間に行うことができる重要なことはすべて重要です。」

ドリームラボは新たに手首と指にセンサーが取り付けられたデバイスを開発しました。このデバイスは装着者の睡眠段階を識別し、特定の睡眠状態に移行すると、1つの単語で構成される録音済みの音声キューが流れます。

50人を対象とした実験の結果、流れた音声が人の夢に干渉することができることを突き止めました。例えば、「虎」という単語が流れた場合、被験者は夢の中に虎が出てきたと報告しています。

さらに、睡眠状態の延長と相互作用により、ユーザーのパフォーマンスの改善も見られました。

他のドリームラボの研究者もユニークな方法で夢に干渉しようとしています。、MITメディアラボの博士号取得候補者であるジュディスアモーレスは、「匂い」を通じて夢のハッキングに取り組んでいます。

試してみたい場合は、あなたでも制作することができます。このデバイスはオープンソースであり、githubでソフトフェアを入手することができます。回路基板の設計もこのサイトの手順を追うことで作成することができます。あなたが退屈を紛らわせたいと思うならば試してみるのはいかがでしょう。

参照:futirism

参照:OneZero

参照:factcompany