Electigmaについて

太陽の超高画質画像を撮影し、以前考えられていたよりもはるかに複雑であるかを私達に示しました。

新たに公開された太陽の画像は、これまで撮影された中で最も高画質な画像であり、大気の流れが考えられていたよりも複雑なものであることを示しています。

credit:セントランカシャー大学

セントラルランカシャー大学(UCLan)とNASAのマーシャル宇宙飛行センター(MSFC)の科学者は高解像度コロナルイメージャー(Hi-C)を使用して、史上最高画質の画像を撮影しました。

画像を分析した結果、その外側が非常に高温の華氏180万度(100万℃)プラズマで満たされていることや、これまで空だと思われていた太陽の暗い部分には、500キロ幅の熱い電化ガスのストランドで満たされていることを明らかにしました。

「 これは魅力的な発見であり、太陽の層を通り、最終的には地球自体に至るエネルギーの流れを私たちの理解にさらによく伝えることができます。」と、セントランカシャー大学は声明で書いています。

credit:セントラルランカシャー大学

NASAロケット、Hi-Cは2012年に準軌道ロケット飛行で宇宙に運ばれた少しユニークな天体望遠鏡です。この望遠鏡は太陽の大気中の構造物を70キロメートルという小さなサイズで、つまり、太陽のサイズの約0.01%で見つけることができます。

「これまで、太陽天文学者は、「標準定義」で最も近い星を効果的に表示していましたが、Hi -C望遠鏡を使用すると、初めて「超高精細」で太陽のパッチを調査できます。」と、セントラルランカシャー大学の太陽物理学の教授であり、Hi-Cチームの機関リーダーであるロバートウォルシュ教授は声明で述べました。

「このように考えてみてください。標準的な定義でテレビでサッカーの試合を見ている場合、サッカーのピッチは緑色で均一に見えます。同じゲームをウルトラHDで視聴すると、個々の草の葉が飛び出す可能性があります。これが、Hi-C画像で確認できます。星の雰囲気を構成する部品を見つけています。」

科学者らはこれらの画像は磁気化された太陽の大気がどのようにして維持されているのか、太陽嵐や太陽フレアがどのようにして起こるのかを理解するのにどのようにして役立つのかを議論しています。

太陽の変化は地球上の生命に直接的に影響を与えるため、その挙動を予測するのは重要です。

「これは、太陽の層を通り、最終的には地球自体に至るエネルギーの流れについての理解をよりよく伝えることができる魅力的な発見です。これは、生命を与える星の行動をモデル化して予測する場合に非常に重要です。」と、セントラルランカシャー大学の研究員であるトムウィリアムズ氏はdailymailに語りました。

現在、国際的な研究チームはHi-Cロケットをふたたび打ち上げる計画を進めています。この計画が成立すれば既存の望遠鏡のデータと合わせることでさらなる詳細な観測を期待できます。

「これらの新しいHi-C画像は、太陽の大気への驚くべき洞察を与えてくれます。プローブやSolOなどの進行中のミッションに加えて、近い将来のこの宇宙ベースの機器群は、まったく新しい光の中で太陽の動的な外層を明らかにします。」と、 MSFCのHi-Cの主任研究員であるエイミーワインバーガー博士は声明で述べました。

この研究はAstrophysical Journalに掲載されています。

参照:dailymail

参照:Uclan