Electigmaについて

「5G電波が免疫システムに悪影響を与え、コロナウイルス蔓延をひきおこした」という陰謀論が流行し、5Gマストが放火される事件が発生。

5G基地局から発せられる「放射線」が免疫システムを低下させ、コロナウイルス蔓延を引き起こしているという奇妙な主張の後、2つのマストに火がつけられたようです。

イギリスのウェスト・ミッドランズに属する都市の一つ、バーミンガムで、4月2日(木曜日)に最初のマストが放火され、2本目は金曜日でした。

警察と消防帯がスクランブルをかけ、21メートル以上あるマストの消火にあたりました。けが人は確認されていません。

この事件に対し、記者会見に応じたマイケル・ゴーヴ氏は人々が「このゴミをたたき落とす」ことが極めて重要であると主張し、それを広めることで生命に危険が及ぶと警告した。

「彼らが病気を広めることについて行った話-それは単にナンセンス、危険なナンセンスでもあります。」

彼の主張は、スティーブン・ポウィス国立医療局長にも届き、彼は同意しました。

「それは完全で、完全なゴミと最悪の種類の偽のニュースです。現実には、携帯電話ネットワークは私たち全員にとって絶対に重要であり、特に私たちは皆に家にいるように求めています。」

「それは絶対的で完全なゴミであり、私はそれより強い言葉でそれを非難することはできません。」

この理論は、Parents for Healthcare Rightsのアカウントでyoutubeに投稿された ビデオの中で「アフリカは5G電波がないため、コロナウイルスの影響を受けていない」と主張したことが始まりと言われています。

しかし、世界保険機関がアフリカで何千ものコロナウイルス患者の発生を秋中にしたことで、この神話は崩れ去りました。

文化書記官のジェームズ・ダウデンは陰謀説、偽の科学的報告、およびコロナウイルスの発生に関する詐欺を抑制するために、あらゆるソーシャルメディアに対し警告を発しました。

広報担当者は「5Gとコロナウイルスの関連性を示す証拠はまったくありません。」と強調しています。

参照:The Sun