毎日否定的なニュースを見続けると、否定的な感情が増幅し、肯定的な感情を減少させるという研究結果。

現在、ニュースは世界中に存在します。テレビを付ければ情報番組が流れ、スマートフォンからも絶えず情報を仕入れることが出来ます。ですが多くの研究が否定的なニュースは好ましくない感情につながる証拠を提示しています。

情報の流れを遮断することは不可能です。そして流れてくるニュースの殆どは否定的なものです。これまでの研究の多くはテロや自然災害に関するものでしたが、日常のニュースにもこれと同じ効果があるのかどうかはあまり知られていません。

研究者は日常的に流れる否定的なニュースの暴露に対する人々の直接的、及び間接的な影響を調査しました。

63人のオランダの成人(18〜82歳)が、1日5回、10日間、ニュースへの露出と感情状態をリアルタイムで記録しました。その後、マーストリヒトの瞬間的気分アンケートと、ジュネーブ評価アンケートの改造版を使用した認知的評価を使用して、肯定的な影響と否定的な影響を測定しました。(このアンケートには主観的な側面も含まれています。)

結果は研究者の予想通り、毎日のニュースがより否定的であると認識された場合、被験者はより否定的な影響を経験し、より肯定的な影響を経験しなかったことを示しました。さらにその否定的なニュースが被験者に関連しているものの場合、より否定的な影響を報告しました。

しかしこの報告には大きな個人差があります。神経症傾向のスコアが高い人はニュースの反応してより強く、否定的な感情を多く報告しました。(神経症は否定的な感情、不安、恐怖の高まり、および健康状態の低下に関連しています。)

反対に外向性傾向のスコアが高い人はより良い影響を報告しましたが、悪い影響はあまり報告しませんでした。(一般的に外交性が高い人は幸福度が高く、正の影響が多く、負の影響が少ないとされています。)

ニュースが人々に悪影響を及ぼす可能性があることは明らかです。今後の調査では否定的なニュースに影響される人が他の人とどう違うのかを詳しく調べる必要があります。

研究者たちは、「人々が悪影響を受けるのを防ぐために、ニュースがメディアで発表される方法と、ニュースにさらされる頻度をもっと注意深く見る必要がある」と結論付けています。

参照:psypost