Electigmaについて

隔離のプロである宇宙飛行士が隔離を生き残るコツを共有してくれました。それがこちらです。

あなたは今、家にいますか?それとも言うことを聞かずに散歩などを嗜んでいるのでしょうか?あなたは今は家でプレイステーションをするべきです。しかし家の中で長時間過ごすのが困難な場合もあるでしょう。今回は正気を失わずに検疫を生き残る方法を伝授します。

NASAの宇宙飛行士であるスコット・ケリーはすでに引退していますが、2015年から2016年の1年近くを国際宇宙ステーションで過ごしました。その経験は孤立した空間内を生き残るすべを彼に与えました。

ケリーはニューヨーク・タイムズの意見書で次のように書いています。「私が国際宇宙ステーションに1年近く住んでいたとき、それは簡単ではありませんでした。寝るときは仕事中だった。目が覚めたとき、私はまだ働いていました。宇宙飛行はおそらく絶対にやめられない唯一の仕事です。」

「しかし、私がここで共有したいいくつかのことを学びました。コロナウイルスの蔓延を阻止するために私たち全員が家に閉じ込められているので、それらは再び役立つようになるからです。」

・スケジュールに従う

宇宙ステーションでは寝る以外はずっと仕事でした。これは8時間以上の宇宙遊泳も含みます。それ以外の場合は実験で育てている花の確認などに5分ほど必要でした。構造を確立させ疲労を最小限に抑えるために計画を立て、それを維持することは、あなたとあなたの家族が別の仕事と家庭生活の環境に適応するのに役立ちます。

・娯楽を大切に

何日も同じ場所に住んでいて仕事をするとき、そのペースを自由に調節することが出来ます。彼は長い間滞在することを知っていたので自分自身のペースを整えました。楽しいアクティビティに時間を取ってください。私は映画の夜にクルーメイトと会い、スナックを揃え、すべての「ゲームオブスローンズ」を一気に 2回見ました。

・趣味が必要

狭いスペースに閉じ込められている場合、手軽かつコンセントがなくとも気分転換をすることができる物が必要です。例えば、彼は宇宙へ本を持っていきました。現在、多くの本が電子化されています。家の中にいても簡単に入手できるでしょう。また、楽器を練習したり、工芸品を試したり、アートを作ったり、日記をつけたりも有効です。

・人と話す

人と話すことは重要です。科学者たちは、隔離が私たちの精神的健康だけでなく、私たちの肉体的健康、特に私たちの免疫システムにも害を及ぼしていることを発見しました。技術の発達により連絡を取り合うのが簡単になったため、ウイルスと戦うのに大きな役に立つでしょう。

さらに彼は睡眠を伴う構造の重要性を説き、自然や鳥、風の記録を参照することを勧めました。

参照:ニューヨーク・タイムズ