Electigmaについて

新たに検討されている外骨格デバイスは人々を150%の速度では知らせることが出来ます。

皆さんは足が速くなりたいと思ったことはありませんか?頂点に君臨するオリンピック選手を追い越したいと思ったことは?もしもあなたがそんな幻想をいだいているのだとすれば、この発明はきっと朗報に違いありません。

以前の調査によると人間の平均的な走る速度は時速24kmであるとの結果が出ました。人間が速く走るには『足の回転数』を上げるか『歩幅』を広くするか、『フォーム』を正すかです。それは世界一速い男でも変わりません。

これらの研鑽を疎んだ一部の人間は楽をしながら素早く移動するために自転車を作りました。しかし現在、研究者は他にも方法があることを示しました。

ヴァンダービルト大学の博士課程の学生であるアマンダストリスノ氏と指導教官のデビットブラウン氏によって提案されたアイディアは補助として機能するために体に取り付けられるデバイスを構築することです。デバイスには各足ごとにバネが搭載されています。

このバネは片方の足が空中にいる時に引っ張られ、足が地面に戻ったときに消費される可能性のあるエネルギーを蓄えます。次にそのエネルギーを足の筋肉と組み合わせて通常よりも強く地面を蹴るようにして前進を推奨させます。研究者達がそのようなデバイスでシミュレーションを実行したとき、彼らはそれが人々が通常の2倍近く速く走るのを助けることができることを発見しました。

しかし、残念ながらこのアイディアには問題があります。まだそのようなデバイスの製造に必要な物質が発見されていないことです。研究者はこのバネに必要な剛性とエネルギー容量を計算したところ現在の炭素繊維に近いものだということがわかりましたがそれでもエネルギーが足りません。

彼らが現実の世界で彼らのアイデアをテストすることができる前に、何か新しいものが開発されなければならないでしょう。

架空のバネ式人間の外骨格は走行速度を2倍にすることができます
credit:Amanda Sutrisno and David J. Braun / Vanderbilt University

参照:iflscience

参照:techxplore