コロナウイルスの影響で外出ができないため、ドローンで犬の散歩をする人が現れる。

新型ウイルスは未だ世界中で猛威をふるい続け、各国の都市が封鎖されるにつれ多くの人が外出の規制を余儀なくされるでしょう。それにより生じる問題の解決策をこのビデオは示しています。

ニューヨークデイリーニュースによるとキプロスに住む男性はコロナウイルスの影響を受けずに愛犬を満足させるためにドローンを用いて散歩することを思いつきました。彼はリードの持ち手をドローンにくくりつけ、犬が逃げないようにしつつ、ドローンでも散歩ができることを示すために少し離れた距離から動画を取りました。

Vakis Demetriouは水曜日にビデオを共有し、「5日目の隔離」とキャプションを付け、人々が家にいるように促しましたが、この可愛らしい毛皮のような友人の世話を忘れないようにしました。

この映像は今回のパンデミックにより人々が抱える大きな懸念を表しています。現在、ウイルスの影響を避けるため人との物理的な距離を取ることが推奨されていますがそれは外に出てはいけないことを意味しているのでしょうか?

答えは『いいえ』です。専門家によると外に散歩に行く程度ならば問題はありません。この映像の男性が注意をはらい、予防を怠らない限り毛皮のような友人とともに散歩を楽しむことができるでしょう。

参照:futurism