Electigmaについて

未処理のままだったダーウィンの進化論の1つが証明されました。

科学者はチャールズダーウィンの進化論の1つを初めて証明しました。彼の死後約140年後のことです。さらに、この新しい研究は絶滅危惧種の保護に役立てることが出来ます。

ケンブリッジ大学セントジョンズカレッジの生物人類学の学生であるローラ・ファン・ホルスタイン博士は進化における亜種の役割をより理解するために世界中の自然主義者によって数世紀にわたって収集されたデータを分析しました。

種とは動物同士が自由に交配できる動物のグループです。一部の種には亜種が含まれています。つまり物理的特性と繁殖範囲に微妙な違いがある個体群が含まれています。北部キリンには、通常互いに異なる場所に住む3つの亜種があり、アカギツネは世界中で最も多くの亜種(45種類)が存在しています。人間に亜種はいません。

ダーウィンは彼の著書である『種の起源について』の中で、離れた島に生息している鳥の嘴が変化していることを取り上げ、種と亜種の進化的な関係は生息地によって異なることを主張しました。 しかし、現在に至るまで哺乳類にこの説明が適応できるのかについては未処理のままでした。Biological Sciencesに発表された新しい研究は、生息地の違いと自由に歩き回る能力の違いにより、進化が陸上哺乳類(陸生)と海哺乳類およびコウモリ(非陸生)で異なることを証明しました。

「哺乳類の種と亜種の進化の関係は、生息地によって異なることがわかりました。亜種は、非陸生と陸生の生息地でさまざまな形で多様化し、増加します。 たとえば、山岳地帯のような自然の障壁が邪魔になった場合、動物のグループを分離し、独自の進化の旅に送り出すことができます。」と、ヴァン・ホルスタインは、声明で述べています。

研究者は、DNAと系統の多様性を既知の種の生息地と比較して、種と亜種の「豊かさ」、またはある地域に存在する異なる種の数を計算しました。進化は主に物理的環境に基づいて動物に影響を与えることが示されているため、海洋哺乳類や陸生哺乳類に影響を与えるものは、移動、食べ、繁殖する能力など、さまざまな方法でコウモリのような非陸生動物に影響を与える可能性があります。

「哺乳類の種と亜種の進化の関係は、生息地によって異なることがわかりました。亜種は、非陸生および陸生の生息地で異なる方法で形成、多様化、および増加し、これは次に亜種が最終的に種になる方法に影響します。たとえば、山脈のような自然の障壁が邪魔になった場合、動物グループを分離し、独自の進化の旅に送り出すことができます。コウモリやイルカなどの空飛ぶ哺乳類や海洋哺乳類の環境では、物理的な障壁が少なくなっています。」

この研究は、動物の生息地への人間の影響が動物に現在影響を与えるだけでなく、将来の動物の進化にも影響を与えるという別の科学的警告として機能します。

「進化モデルは、これらの発見を利用して、種の生息地を破壊することにより、伐採や森林伐採などの人間活動が将来の進化にどのように影響するかを予測できます。動物の亜種は無視される傾向がありますが、長期的な将来の進化のダイナミクスで重要な役割を果たします。」

ヴァン・ホルスタインは絶滅危惧種と非絶滅危惧種からの種分化率を予測するために研究を使用できるか検討しています。

参照:iflscience