年齢とともに背が縮む理由は、「筋肉を喪失するから」と「生成される骨よりも多くの骨が失われるから」。

人間は年齢とともにあらゆる機能が低下し始めます。視力、聴力、記憶力などの喪失は老化の兆候として有名ですが身長の低下はあまり有名でありません。

ある程度の身長の低下は老化の正常な部分であり、健康面の問題に直接的に関与する可能性は低いと言われています。ですが加齢に伴って体に起きる変化を理解することは加齢の悪影響を改善することにつながるでしょう。

加齢に伴い筋肉量が低下する現象は、科学的にはサルコペニアと呼ばれています。人間の筋肉量は30代になるまで成長し続けますが、それ以降になると、10年ごとに筋肉量の3%から5%を失う可能性があります。

特に懸念されるのは胴体の筋肉量の低下です。これらの筋肉はあなたの直立姿勢を維持する役目を負っています。姿勢を維持する能力が低下すると、身をかがめて見えるため、身長が短くなります。

加齢に伴う身長の減少の理由のもう一つは『骨』です。骨は非常に複雑かつ強固な作りをしており、生成箇所の負荷に応じてサイズと形状を変更できます。これによりあなたの骨は一生を通じてあなた自身の体を改造することが出来ます。

骨密度は成長過程を得て、あなたが10代の時に90%に達し、このピークは20代まで続きます。しかし、35~40代前後から生成される骨よりも多くの骨が失われ始めます。最終的に、この骨の損失は、骨量減少と骨脆弱性の増加を特徴とする骨粗鬆症として知られる状態につながります。股関節と前腕はこの病気の一般的な部位ですが、脊椎(脊椎)で最も一般的であり、身長に悪影響を及ぼします。

また、脊椎にある椎間板には姿勢を維持する役割があります。これらのゲル状のクッションは、脊椎の間に位置し、衝撃吸収材として機能し、背中の柔軟性を維持します。

椎間板は若いときには約80%の水であり、丈夫でしなやかです。しかし年齢とともに、ディスクは徐々に圧縮され、平らになります。同様の効果は足の裏のアーチにも見られます。

では身長を保つにはどうすればいいのでしょうか。ほとんどの場合、身長低下は遺伝で決定します。だからと言って何も打つ手が無いわけではありません。加齢が健康と幸福に及ぼす影響を軽減するために行えることがいくつかあります。

まずは定期的な運動です。特に体に何かしらの負荷を与える運動は骨の生成に適しています。運動をし始める年齢が遅すぎることは決してありませんが、研究では10代の骨の強度がピークに達する時期に強い骨を発達させておくと高齢になってもある程度強度が保護されることが示されています。

健康的な食事も身長の維持に大きく貢献します。アーモンド、ブロッコリー、ケールなどのビタミンDとカルシウムを多く含む食品を摂取することで骨の健康状態を保つことが出来ます。

少し縮むことは老化の通常の部分ですが、より深刻な問題を示唆する可能性があります。一生を通じて骨の健康と健康を最大限に高めることは、非常に重要です。

アダム・ホーキーソレント大学スポーツ社会科学部准教授

この記事は、Creative Commonsライセンスの下でThe Conversationから発行されました。元の記事を読んでください。

参照:iflscience