Electigmaについて

60頭以上のマンモスの骨格で構築された謎の建造物が発掘される。

何十ものマンモスの残骸で構築された謎の骨の輪は古代人が氷河期を生き延びた方法について,手がかりを提供してくれました。

エセクター大学の研究者はモスクワの南約500キロメートルにあるコンテンキ11で古代人が住居として使用していたとされる、巨大なマンモスの骨で構成された9 x 9メートル(30フィート)の円形状の遺跡を発見しました。

当時の気候は夏は短く涼しく、冬は長く寒く、-20℃以下の気候が見られたと推測されています。

過酷な環境に適応するため、古代人は動物の骨を組み込んだ住居を建築しました。調査地で見つかった骨の大部分はマンモスのものです。合計51個の下顎と64個のマンモス頭蓋骨を使用して、30フィート×30フィートの構造の壁を構築し、その内部にはトナカイ、ウマ、クマなどの骨も散らばっていました。

また、構造内部には焦げた木や他の柔らかい非木質植物の遺跡が初めて発見されました。これは彼等が燃料として骨と木の両方を使用していたことを示しており、追加で発見された50を超える焦げた種子は、植物を調理していた可能性が高いことを示しています。

「コンテンキ11は、この過酷な環境で生活している旧石器時代の狩猟採集民のまれな例です。 このサイトに古代の狩猟採集者をもたらしたのは何ですか? 可能性の1つは、マンモスと人間が大量の地域にやって来た可能性があることです。なぜなら、冬の間ずっと凍結していない液体の水を供給する自然の泉があったからです。」と、研究を主導したアレクサンダー・プライアー博士はニュースリリースに語りました。

credit: アレックス・プライアー

ウクライナと西ロシア平原には約70の類似した建造物が知られていますが、この遺跡はおそらく最も古いものです。

75〜18,000年前に北ヨーロッパを席巻した最後の氷河期はこの遺跡が建造されたであろう時期にピークを迎えました。彼等は生存に依存していた動物や植物の枯渇のためにこの地域を去りました。気候も厳しくなり、より住みにくいものになったためこの骨の輪も放棄されました。

以前、考古学者はこのような住居は一度に何ヶ月も占領されていたと仮定していました。しかし、新しい研究は、コステンキ11での活動の強度が長期のベースキャンプサイトから予想されるよりも少ないように見えるので、これは必ずしもそうではなかったかもしれないことを示唆しています。

「これらは、これらの神秘的な場所の目的に新たな光を当てます。考古学は、先祖が最後の氷河期のクライマックスでこの絶望的に寒く敵対的な環境でどのように生き残ったかを示しています。この時間までに放棄されましたが、これらのグループは食料、避難所、水を見つけることに順応していました。」と、アレクサンダー・プライアー博士は語りました。

参照:iflscience