Electigmaについて

膀胱で自然にアルコールが醸造されてしまう奇妙な例が報告される。

医師はこれまで見たことのない膀胱をビール製造所に変えた後、尿からアルコールを排出する症例を報告します。

研究者はこの症状を「尿自動醸造所症候群」または「膀胱発酵症候群」と名付けています。別の似たような症例では非常にまれな条件を揃えることで腸内でアルコールを醸造している例が報告されています。

Annals of Internal Medicineに報告された内容によると、ピッツバーグ大学メディカルセンター長老病院に来院した肝臓移植の待機リストに登録している61歳の女性を診断している際に明らかとなりました。彼女は肝硬変や糖尿病、アルコール依存やアルコール過多に伴う症状に苦しんでいました。

彼女はアルコールはめったに飲まないと主張したがアルコールに対する反復検査が一貫して陽性だったため医師は彼女の主張に懐疑的でした。

「当初、私たちの出会いは似ていたので、臨床医はアルコール使用障害を隠していると信じるようになりました」と彼女の医師は新たな症例報告に話しました。

「しかし、エタノールの血漿検査結果と、エタノールの代謝産物であるエチルグルクロニドと硫酸エチルの尿検査結果は陰性であったのに対し、エタノールの尿検査結果は陽性であったことに留意しました。」

他の幾人かの臨床医はエタノールの分解によって生成されるはずのエチルグルクロニドと硫酸エチルの尿検査結果が陰性であることに気づきました。同様に血液検査の結果も陰性でした。加えて彼女は尿から高濃度のアルコールが検出されたのにも関わらず診察の訪問中に中毒症状を示しませんでした。

一連の奇妙な現象により、医師は彼女の尿を詳しく調べることにしました。最終的にチームは彼女の膀胱がカンジダ・グラブラタと呼ばれる酵母がエタノールを生成していると特定しました。これは醸造用酵母に関する天然酵母ですが通常そのような量は人体では確認されません。

つまり彼女の膀胱は酒醸造所になっていたということです。通常、酵母がアルコールを生成するには水と砂糖が必要です。健康な人ならばまず起こらないでしょう。しかし彼女は糖尿病により砂糖がコントール不能に陥っていました。彼女の膀胱に付着した酵母と組合わあせて理想的な環境が整いました。

「患者がこの状態を発症する最大の理由は、血糖値の高い膀胱環境が酵母の成長と活性にとって間違いなく楽観的な状態であるため、糖尿病の管理が不十分だからだと思います。」と、研究著者で准教授の玉間健一はiflscience に語った。

「そして、糖尿病自体も免疫機能不全を引き起こすことが知られており、この場合、膀胱におけるこの回復力のある酵母の定着にも寄与するはずです。」

残念ながら、おそらく患者の糖尿病の管理が不十分だったために抗真菌治療で酵母を除去する努力は失敗しました。女性のユニークな苦境に照らして、医師は彼女が肝臓移植について再考されたと指摘しているが、彼らの報告は最終的に患者がどうなったのかを明らかにしていない。

参照:sciencealert