Electigmaについて

地球平面説を証明しようとした男がロケットの打ち上げ中に死亡。

「世界最大に向こう見ず」と自称するエンジニアであるマイク・ヒューズは土曜日に自作のロケットをバースト-の外で打ち上げ中に死亡したと彼の広報担当が明らかにした。

「マッドマイク」の名で知られた職業別スタントマンである64歳のヒューズは地球平面説を立証すべく自宅の裏庭に蒸気式ロケットを建設しました。彼は地元のマスコミに空中5,000フィート(1.5キロ)まで登ることを目標にしていると語りました。

しかし彼はその目標を達成することは出来ませんでした。

「誰もが騒然とした。彼らはどうすればいいのかわからなかった」と、彼の打ち上げに出席したフリーの作家であるジャスティン・チャップマンはタイムズに語りました。「彼は発射台から約0.5マイル離れて着陸しました。」

この打ち上げはサイエンスチャンネルの新しいシリーズの1つである「Homemade Astronauts」で紹介されるいくつかのうちの1つです。このシリーズは、限られた予算で最終的なフロンティアを探求するという宇宙的探求において夢を持つ他のチームに続きます。

「私たちの考えと祈りは、この困難な時期に彼の家族と友人に行きます。」

土曜日の打ち上げに参加しなかったシャスター氏は地球平面説の議論は単に宣伝効果を上げるためのものであるとタイムズに語りました。

「彼はそれを信じていなかったと思う」とシャスター氏は語りました。「彼はいくつかの政府の陰謀説を持っています。しかし、それをその平らな地球のものと混同しないでください。それは私たちが考えたPRスタントでした。」

ロケットは下向きにループし、ロサンゼルスの北東110マイル(180キロメートル)のバーストー近くの発射地点から数百メートルの場所で落下しました。目撃していたチャップマンはヒューズのバックアップパラシュートも作動していなかったと語りました。

サンバーナーディーノ郡検死官事務所の職員は、この事件について「長期にわたる」調査が行われると予想したと述べた。「この時点で事実はない」と彼女は言った。

参照:sciencealert