科学者は雨滴から電気を生成するデバイスを開発しました。

香港私立大学(CityU)の科学者率いる研究チームは新しい形の液滴ベースの発電機(DEG)を開発しました。これは従来のものよりも遥かに強力です。

1つの雨滴が一時的に140ボルトもの電力を発電することが出来ます。これは、100個の小さな電球に簡単に電力を供給するのに十分です。この画期的な成果はエネルギー生成の関する課題に直面している現代の問題を解決するのに役立つでしょう。

雨を使用して電気を発電する試みは以前から研究 が行われていました。しかし設備が巨大であったり、発電量が微々たるものであるなどの問題点を抱えていました。

nature誌に掲載された報告によるとこの新しいデバイスには従来のような重くてかさばる電磁発電機を取り外し、代わりに摩擦電気ナノ発電機を搭載しました。

この新しいデザインは、アルミニウム電極と、「準永久的な」電荷を持つ材料であるPTFEで積層された酸化インジウムスズ電極と結合します。滴がPTFE /スズ表面に当たると、2つの電極を橋渡しし、閉ループ電気回路を作成します。この技術は降雨にも利用できます。

この特別な設計により、連続的な液滴の衝突により、PTFEに高密度の表面電荷を蓄積できます。一方、拡散水が2つの電極を接続すると、PTFEに蓄積されたすべての電荷が完全に放出され、電流が生成されます。その結果、瞬時電力密度とエネルギー変換効率の両方がはるかに高くなります。

「私たちの研究は、100マイクロリットル(1マイクロリットル= 100万リットル)の水滴が高さから放出されることを示しています15センチ140Vを超える電圧を生成でき、生成された電力で100個の小さなLEDライトを点灯できます」とワン教授は述べています。

これからの課題はこの技術を人々が家で利用可能な方法を見つけることです。今のところ、継続的な電力供給を提供するのに十分な信頼性はありません。しかしこの研究は雨が当たる可能性のある全ての表面に適用できます。これは、フェリーの船体表面から傘の表面、さらには水のボトルの中にまで及びます。

参照:futurism

参照:engadget