脳にデバイスを埋め込むことで再び視力を回復させることに成功。

医師はビデオ画像を脳に直接送信することにより視覚に障害を持つ6人の視力を回復させました。これは参加者のメガネに取り付けたビデオカメラによって脳の視覚皮質に埋め込まれた電極に映像を送りました。彼らの目は完全に迂回した形となります。

参加者の一人であるベンジャミンジェームスペンサーは9歳で盲目となって以来初めて視界を取り戻しました。更に3人の娘の姿も見ることが出来ました。

「これほど多くの美しさを見るのはa敬の念を起こさせます」とスペンサーはdairy mailに語りました。「妻の顔の丸み、体の形が見えました。」

「子供たちが駆け寄って抱擁をするのを見ることができました。完全なビジョンではありません。1980年代の粒子の粗い監視ビデオ映像のようなものです。まだ完全なビジョンではないかもしれませんが、それは何かです。」

2018年の4月に彼の手術を担当した医師であるヒューストンのベイラー医科大学の外科医は、頭蓋骨の窓を2時間切り、電極アレイを脳の表面に置き、再び縫い合わせました。その後、彼らは6か月かけて彼の視野を「マッピング」しました。

これには約26年間使われていなかった視覚を司る脳の一部を活性化させ、コンピュータの映像を処理させることが含まれていました。最終的に10月にこのデバイスは小さなビデオカメラにワイヤレスで接続され、メガネに取り付けられ、電源がオンになりました。

数ヶ月のテストの後、彼はデバイスを家に持ち帰ることを許可されました。1日に3時間までしか使用できないという条件はあるものの、彼は杖を持たずに出かけることが出来ます。

「これは、私の頭に浮かぶ大きな進歩であり、驚くべき進歩であり、非常に刺激的です。」ユニバーシティカレッジロンドンの講師であり、首都のオプテグラアイ病院の外科医であるアレックスショートは語りました。

「これまで、「バイオニックアイ」を作成するすべての試みは、目自体への移植に焦点を当てていました。それには、作業中の目、作業中の視神経が必要でした。目を完全に迂回することで、より多くの、より多くの人々に可能性を開きます。これは完全な失明の人々を治療するための完全なパラダイムシフトです。それは希望の本当のメッセージです。」

MITが開発した「orionデバイス」にはコンピューターに接続するカメラを備えたメガネがあります。コンピューターは、カメラのライブビデオフィードを電子信号に変換します。これらの信号は、ケーブルを介して、被験者の頭蓋骨の後ろに外科的に埋め込まれたフェルナンデスのポートに送信されます。そのポートは、被験者の脳の視覚皮質のインプラントに接続します。

現在のプロトタイプでは60個の電極があります。次のトライアルで使用したいと考えているバージョンは150個になる予定です。

「視覚障害者の視覚体験を改善する可能性があると思われるこの革新的な技術を歓迎します。」と王立盲人協会のヘレンリー氏は述べました。

「それは多くの人々にとって人生を変える可能性がありますが、非常に早い時期です。有益性と副作用の両方を評価するには、堅牢な試験が必要です。」

参照:futurism