ホラーや終末系映画をよく見る人はコロナパンデミックにうまく順応することができるという調査結果

ポストアポカリプス(Post-apocalyptic)」は映画における一大ジャンルの1つであり、何らかの要因により文明が崩壊した後の世界を舞台とした作品です。

ゾンビ、エイリアン、大規模な自然災害や核戦争などテーマは様々ですが、いずれも現実離れしたものが多く、私達にスリルを与えること以外には役に立たないと考える方もいるでしょう。

しかし、終末系映画はいたずらに恐怖心を煽るだけではなく、コアなファンたちを危険に備えさせてくれるかもしれません。

Psyarxiv.Preprintsに掲載された新しい研究は「終末系映画」を見ることが、コロナパンデミックに対処する能力に影響を与えることを示唆しました。

シカゴ大学の心理学者のコルタン・スクリヴナー氏は「良い映画は、あなたを主人公視点に立たせ、無意識の内に”リハーサル”をさせています。それにより人々は何を買えばいいのかを事前に知っていたようです。」と、語りました。

credit : pixabay

以前から研究者たちは、パンデミック映画を好む人は、予めそのような状況に対する耐性をつける事ができると考えていました。

この推察が正しいとするならば、現在進行中の”コロナパンデミック”にさらされたとしても心理的負荷を少なくし、最適な選択肢を選ぶことができるでしょう。

この仮説を検証するために、研究チームは310 名のボランティアに「どのような映画が好きか、パンデミックの準備ができていたか、不安、抑うつ、イライラ、不眠」などの項目が書かれたアンケートを実施しました。

肝となる部分は、「現在のコロナパンデミックに何かしら関連している映画が視聴者の心理的負担を軽減させたか」をテストすることでした。幸いなことにチームの予想はあたっていたようです。

credit : pixabay

調査の結果、「プレッパージャンル(エイリアンの侵略、終末論、ゾンビ映画)のファンは視聴を避けた人と比較してパンデミックでの生活にうまく順応できたと感じている」ことが判明しました。

ところが、調査を進めるとフラッパー映画を見ずにホラー映画を楽しんだ人は「心理的には安定しているが事前の準備が疎かだった」という結果も得られました。

ということは、重要な点は「闇雲に恐怖心を煽ること」ではなく「どのようなものを揃え、対処するのが正解か」を示すことではないかと推察することが出来ます。

この調査結果はまだ査読審査を通過していませんが非常に興味深いものです。

「本研究は、フィクションが災害などの恐ろしいシナリオのシミュレーションとして有用であるという考えを支持するものであり、その経験は特定の状況に関連する特定のスキルとして使用することができる。」とチームは結論づけています。

この研究はPsyarxiv.Preprints

参照:sciencealert