卵生と胎生の両方を行える地球上で1種類しかいないトカゲは、どちらに進化するか考えている最中かもしれない。

オーストラリアで発見されたこの特異な性質を持つトカゲは、今まさに進化の真最中である可能性を秘めています。

credit:ダグベッカーズ

脊椎動物における繁殖の方法は主に卵生か胎生です。ヒトなどの哺乳類は胎生を選択びましたが鳥や爬虫類などの比較的小型の脊椎動物は卵生を選択しました。

しかし、スリートード・スキンク(Saiphos equalis)と名付けられたトカゲはその両方の出産方法を行えます。この生殖方法は「双峰生殖」と呼ばれていますが、この生殖方法を行うのは彼等1種のみです。

オーストラリアの東海岸に生息しているこのユニークなトカゲは3本の指(スリートード)を有していますが、とても短いためにヘビのようにも見えます。

今回の研究で、シドニー大学の研究者らは単一の個体が3つの卵を生んだ3週間後、胎生で新生児を産み落とすのを確認しました。 このような出来事が脊椎動物で観測されたのは初めてです。

「私たちは、生きているメスの1人が3つの卵を産むことに気づいたとき、これらの皮膚の遺伝学を研究していました。」と、シドニー大学のカミラ・ウィッティントン博士は声明で述べました。

異なる種、カニンガムのトカゲを持っているカミラ・ウィッティントン博士。
カミラ・ウィッティントン博士。持っているトカゲは別種。credit:シドニー大学

「数週間後、彼女は別の赤ちゃんを出産しました。 その赤ちゃんを見るのはとてもエキサイティングな瞬間でした!」

実は、以前の研究で同種が大都市圏に生息するトカゲは卵生を選択するが、気候が涼しく、湿度の高いニューサウスウェールズ州の高地にいるトカゲは胎生を選択することが判明しています。

この研究を受けてウィッティントン博士と彼女の同僚は、寒い気候では胎生のほうが生存率が高いため、環境によって個体間で出産方法を使い分けていると述べた。

「しかし、これらのトカゲの生物学についてはまだ謎のままであり、まだはっきりとは言えません。そのため、この種の研究を続けています。」

その一方で「スリートード・スキンクは今まさにどちらに進化しようか迷っている最中なのではないのか」とする指摘もあります。

スリートード・スキンクの出産への柔軟なアプローチは脊椎動物が卵生から胎生への移行、及び進化において少なくとも150回発生したとされる進化プロセスに光を当てるものです。

「産卵と産卵の両方が一回の産卵で異常に観察されたことは、3つま先のトカゲが妊娠を理解するための理想的なモデルであることを示している。」と、ウィッティントン博士は語りました。

「進化生物学の文脈で言えば、産卵と出産を切り替えることができれば、環境条件に応じて動物が賭けをヘッジできるようになるかもしれない」

参照:VICE / シドニー大学 / nazorozi-